2020年6月7日日曜日

大船渡市民おなじみの、あの「酢」のお店を取材してきました!

水野醤油店さんを取材しました!


2020.6.6(土)

 
 皆さん、こんにちは!
盛駅観光センターの金野です(#^^#)はじめてきちんと名乗った気がします。
6月6日に放送されましたIBC岩手放送の「じゃじゃじゃTV」観てくださいましたか?
第22代つばき娘としては、初めての生放送出演でした!噛み噛みでしたが…いかがでしたでしょうか?


と、自分の話はここまでで、本題に移ります!

 大船渡市民の皆さんはきっとお世話になっているはず!
今回は「水野の酢」でおなじみの水野醤油店さんに取材に行ってきました!

 先月、佐々木朗希選手のQ&Aで、ファンの方からの「関東に来て恋しくなった食べ物は?」という質問に対し、「酢の素」と応えた朗希選手。この回答に全国のファンの皆さんが反応!
水野醤油店さんに注文殺到!・お店から「酢の素」が消えた!と話題になっていましたよね😀

 そこで!水野醤油店さんの水野さんに取材をさせていただきました!
たくさんお話してくださったので、再現しながら余すことなくお伝えしますね(^^)/
金野のとったメモをもとに構成していますが、順番が前後したり、お話が少し違ったりするかもしれません。そして、なぜか対談形式になっています(笑) ご了承ください。

質問者:
水野さん:   と表記します。

:佐々木朗希選手の発言で、問い合わせが多くきていると覗いました。どのような反響がありますか?

:「送ってください」という電話がきますね。普段であれば1カ月に1,2件なのですが、この1ヶ月で20件弱の注文電話があります。聞いた話だと、サンリアなどのお店では、「酢の素」が無くなっているとか…びっくりです(笑)

 「新聞を見てきた!」という方や、内陸の居酒屋?さんが実際に買いに来てくれたこともあります。

 若い男の子で、「酢の素」という名前をきちんと知ったうえで発言するなんて、思いもしませんでした(笑)
市役所の友人に「うち酸っぱい酢使っているんだ!」と言われ「じゃあ、うちの酢と比べてみて」と渡したところ、友人宅の酢もうちの酢だったということがあるくらい、主婦などでなきゃ知らない人も多いのですがね(笑)ほんとう可笑しいです

:可笑しいですね(笑)
 たしかに、地元にずっと暮らしていて、いつも知らず知らずに使っていると「普通の酢」と思う方もいらっしゃるかもしれませんよね。台所にあまり立たない方ならなおさらですよね(笑)
それを考えると、きちんと認知している朗希選手、すごいですね(#^^#)

:実は最初は、朗希選手が気に入ってくれているということを知らなかったんです。
なので、ネットで知ったわけではなくて、日刊スポーツさんから電話がかかってきたときに初めて知って、びっくりしたんです(笑)

:たしかに、それはびっくりしますよね!

:(壁に額に入って飾られている紙面を見ながら)
東海(新報)さんにも取材されたのですが、日刊スポーツさんはまさか、こんなに大きな見出しでだなんて(笑)もっと小さいものだと思っていたのでそこにも、驚きました。

:まさかって思いますよね(笑)
 私の自宅でも水野さんの酢を使用させていただいているのですが、その他の商品は何があるのでしょうか?また、それぞれの魅力や、ピッタリの調理法はありますか?

早漬の素 丸大豆しょうゆ 手造りみそ

酢の素 🈟甘酢

:もともとは「醤油店」とあるとうり、醤油・味噌を主に作っていました。今は、早漬の素・甘酢というのもあります。昔は他にもいろいろあったんですけどね。
こうして今は「酢」を中心に作っていますが、実は私、酢が嫌いなんです💦酸っぱいものがダメなんですよね~💦

:ええ?!そうなんですか!意外ですね(笑)

:そうなんです。ずっとダメで…
なので、おすすめの調理法って分からないんです(笑)
嫁さんは、酢(もちろん原液)にコショウで餃子を食べていますね。
漁業されている方だと、ただの醤油に飽きて、マグロなどの刺身に酢醤油で食べているとか。「濃いのが良い」って。
 あとは、昔聞いた話だと水虫につけたら治ったとか、除草剤に使ったとか、水に「酢の素」を1,2滴たらすと、のどが渇かなくて良いっていう人もいましたよ(笑)

:水虫に、除草剤…(笑) 面白い使い方をしている方がいらっしゃるのですね!

:面白いですよね~!
 うちは、販売店ではなく製造店なので、どこにうちの商品が置いてあるのかわからないんです。なので、意外なところで見つけることも多くて。
 昔は、大豆を持ってきてもらって、配合して味噌を作っていたんです。農家の人が年老いたり、震災があったりで…味噌は下り坂。ここらのお蕎麦屋さんにそばつゆに使う醤油を卸していたりもしたんだけど、今は、「酢」にシフトしています。
 あ、あと10月11月のふたつき限定でおごごを作るのに使うたくあん配合ぬかを販売しています!

:季節限定の商品もあるのですね!
 全国、地元の皆さんに何かひとことはありますか?

:え~!うーん、なんだろうなあ…
 今まで口コミで広げてきたから、これからも同じ。ここ出身の人が、送ってくださいと電話をくれることもあるのですが、みんな訛っているんです(笑) 電話注文で「ご住所は?」と聞いて「沖縄県」と返ってきたときは本当に驚きました(笑) 北海道からも定期的に注文がきます。地元密着でやってきているので固定客がいるんですよね。みんな「ほかの酢は薄くて使えない」と言ってくれます。よその人には相当きついでしょうね(笑)
 こうやって、朗希選手の発言で全国から注文がきたりもしますが、でっかく広げたいわけではないんです。東京の三陸SUNさんで注文が殺到していると聞きましたが、一気にではなく、少しずつ広げていけたらいいなと思います。

:そうですよね。一気に広がるっておっかないですよね。

:原材料が国産で、手作業で作っているから全国にある普通の酢とかよりは高めだとは思うんですけどね。
 ここいらの製造業者を見学するツアーで、うちも是非という話があったのですが、何せパートのひとが4人いて、手でつくっていて、時期ごとに工程があったり、昔ながらのうちのつくり方があったりするから、「難しいです」って。

:そうですよね。昔からの大事な作り方ですものね。

:そうそう、そうなの。
 そういえば…私、酢がダメなので「甘酢」っていうのを作って、それで作った酢飯がお勧めです!最高に美味しいんですよ!嫁さんは、ポテトサラダを作るときに「甘酢」を入れて、マヨネーズを減らすんです。そうすると、カロリーが抑えられてヘルシーになるんだとか。あとは、春雨サラダも「甘酢」を入れて作っていますっけね。

:へえ!「甘酢」!美味しそうですね!
最近できたものなんですか?

:そう、最近ですね。できたばかりなんです。「酢の素」に小さい瓶のがありますが、それに「甘酢」をいれて、商品を買ってくれた人にお試しで配ったりして。「甘酢」お勧めです!これも口コミで少しずつ広がって皆に気に入ってもらえればと思います。

:「甘酢」、私も気になります!使ってみたいですね!
さて、最後に商品と、もしよければなのですが水野さんもご一緒に写真を撮りたいのですが…

:え~?!いいよ~💦

と、おっしゃいながらも、「こうすればいいかな」と商品の後ろに移動してくださいました😊

とってもいい笑顔です✨

あははは(爆笑)と笑い出し…

どうしたんですか?と聞くと、
「さいっこ~恥ずかしい!」と

「撮られること無いから、恥ずかしい!!」

 かなり恥ずかしがっていましたが、とっても素敵な笑顔を見ることが出来ました😆

 意外なお話から、面白いお話までたくさん聞かせてくださいました!
終始にぎやかな取材となりました✨

取材前の電話でのアポ取りから、優しい対応をしてくださった水野さん。
取材終了時に、「使ってみて、そして、すこしずつ広げてね」と、「甘酢」をプレゼントしてくださいました!ありがとうございます!!

いつになるかは分かりませんが、水野さんの奥さんが実際に作られているポテトサラダ等を作ってみて、またブログで紹介できたらな~と思います!

以上、水野醤油店さんのインタビューでした!
水野さん、ご協力ありがとうございました(#^^#)

それでは、また😆

0 件のコメント:

コメントを投稿